読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療事務や調剤事務の婚活と恋活方法!出会いの場所発見!

医療事務員や調剤事務員ってなかなか出会いがなくて婚活で遅れ気味!周りの職場以外に知り合うきっかけや交流の場がありません。アラサー,アラフォーになっても独身の人が多いです!そこで恋活や婚活ができる場所を探しました!サークルやオフ会、街コンや合コンやサークルに手を伸ばして幸せな結婚を手にしてみませんか?

医療事務員が婚活合コンであまりモテない理由とは?

f:id:minminlulu:20170329171914j:plain

外見も可愛くて年齢も適齢期、自分磨きもしっかりしていて美意識が高い医療事務の女性なんていったら、結構モテるのではないか?と思うかもしれませんが、少し注意が必要です。

医療事務員の人が婚活合コンでモテない、失敗する理由について答えていきたいと思います。

なぜか医療事務員が婚活合コンでドン引きされてしまう理由とは

医療事務員の女性が婚活をしてイベントなどに行ってあまりうまくいかない理由について考えてみたいと思います。

わたしも友達と一緒にそういった婚活系のイベントに行くと、普段女社会で生活しているもんなあ……と思う特徴が出てしまっていました。

特に気づいたのが以下の3つです。

自分の趣味を楽しみすぎている

自分の趣味や自分磨きに力が入っていると、男性からは引かれるポイントになりかねません。

エステに通っていたり、料理教室に通っていたり。

料理ができることや外見が美しいことは問題ないのですが、趣味としてお金をかけていると「散財タイプ」とみられかねません。

「結婚してからもそういった趣味に結構お金がかかりそうだな」となると、生活をしょって立とうとしている男性にとっては嫌煙してしまいますよね。

また、ひとりでも趣味を楽しみすぎていると「俺が入る余地はなさそうだな」と思われる原因にもなりかねません。

男性に理解されにくい趣味すぎる

女子が集まって趣味の話をしているとき、なかなか車やバイク、歴史の話になることは少ないのではないでしょうか。

女子同士が「わ~いいね~!」という趣味は男性に共感されにくいものが多いです。

一緒に楽しめる趣味なら良いのですが、男性が相槌すら疲れるようなまったくわからない趣味の話を延々とするのはやめましょう。

頑固で人に合わせずらくなっている

自分の趣味を楽しんでいる期間が長いと、だんだん頑固になっているケースがあります。

女性同士でお互い自分に投資している金額やスキルを比べることに疲れて「自分は自分」という考えが強くなっているのです。

流されすぎないのは良いことですが、相手への理解を示しにくくなっている場合には、男性にも「一緒に趣味を楽しんだり、人生を歩んでいくパートナーとしては見られていないな」と感じさせてしまうかもしれません。

婚活合コンに参加するなら脱おつぼねが重要!

女性社会に慣れすぎてしまい男性と話す機会が少ないため、うまく男性を立てたり、甘えたりすることが苦手になっているケースが見受けられます。

また、お局化がすすみ頑固になっている可能性もあります。

そうした状態で婚活や合コンに行っても「扱いにくいな」と思われてしまうか、「この人はわたしとは釣り合わない」と考えてしまうかも。

脱お局で気持ちをフレッシュに保つようにすれば、出会った男性をまた違う風に見ることができるかもしれません。

自分から可能性を否定しない方が、良縁に恵まれるのではないでしょうか。

「友達の紹介」ってプレッシャーが大きい……もっと気軽に出会いたい…という方は婚活パーティーがおすすめ!

「まず会ってみたい」という方にオススメ!リアルイベントで出会えるサービス

最初から対面での出会いは気が引ける……という方は、アプリやFacebookなどのサービスを利用して出会う方法もありますよ♪

まじめに出会いたい人必見!おすすめ出会いサービスは?