読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療事務や調剤事務の婚活と恋活方法!出会いの場所発見!

医療事務員や調剤事務員ってなかなか出会いがなくて婚活で遅れ気味!周りの職場以外に知り合うきっかけや交流の場がありません。アラサー,アラフォーになっても独身の人が多いです!そこで恋活や婚活ができる場所を探しました!サークルやオフ会、街コンや合コンやサークルに手を伸ばして幸せな結婚を手にしてみませんか?

医療事務員の婚活パーティーはどこがオススメか?

f:id:minminlulu:20170329164243j:plain

医療事務員で出会いを探すなら、安定した結婚生活を求めてお見合いパーティーや婚活パーティーに行くのが良いのか?

またはたくさんのプロフィールから相手を探せる婚活アプリを利用するのが良いのか?行くとしたらどこが良いのか?

その辺について考えていきたいと思います!

医療事務員はどんな婚活パーティに行けば良い?

婚活パーティーと一口にいっても、さまざまなコンセプトがあります。

医療事務員だったらどういったサービスを利用するのが良いでしょうか。

趣味、職業、年齢の区切りで有利なパーティに行く

若い人が有利というのはどこも一緒でしょう。

「わたしはもう30歳だから……」という人も、年齢の区切りで「30代限定」という婚活パーティーに行けば最年少になります。

うまく区切ってある婚活パーティに参加できれば自分が有利になることもできます。

結婚も視野に入れた出会いを探した方が良い!

せっかく安定した職業に就いたのに、パートナーとして人生を歩む相手があまり将来のことを真剣に考えないようなチャラ男なんてありえないですよね?

自分も楽しければ良いような恋愛を求めているなら良いのですが、結婚を考えているのなら相手もしっかり選ばなければ、結婚は一生ものですからね!

男性も真剣に結婚を考えている人が集まるサービスを利用した方が良いです。

恋活なら合コン形式がおすすめ

あまりに将来を考えられない人はパスだけど、まだまだ恋愛を楽しみたい!という方は合コン形式のパーティーがおすすめです。

自分が有利な趣味や年齢で区切りっているパーティに参加して、たくさんの人と出会いましょう。

たくさんの人が集まれば集まるほど「好みの異性」が居る確率が高まります。

婚活ならお見合い形式がおすすめ

しっかりと結婚を前提にお付き合いしたい!という方はお見合い形式で一人ひとりとじっくり話ができるタイプのイベントが良いでしょう。

プロに相談できる結婚相談所もおすすめです。

結婚相談所はちょっと行きづらい……というかたは、まずフランクな出会いから始めてみてはいかがでしょうか?

「まず会ってみたい」という方にオススメ!リアルイベントで出会えるサービス

最初から対面での出会いは気が引ける……という方は、アプリやFacebookなどのサービスを利用して出会う方法もありますよ♪

まじめに出会いたい人必見!おすすめ出会いサービスは?

医療事務員が婚活合コンであまりモテない理由とは?

f:id:minminlulu:20170329171914j:plain

外見も可愛くて年齢も適齢期、自分磨きもしっかりしていて美意識が高い医療事務の女性なんていったら、結構モテるのではないか?と思うかもしれませんが、少し注意が必要です。

医療事務員の人が婚活合コンでモテない、失敗する理由について答えていきたいと思います。

なぜか医療事務員が婚活合コンでドン引きされてしまう理由とは

医療事務員の女性が婚活をしてイベントなどに行ってあまりうまくいかない理由について考えてみたいと思います。

わたしも友達と一緒にそういった婚活系のイベントに行くと、普段女社会で生活しているもんなあ……と思う特徴が出てしまっていました。

特に気づいたのが以下の3つです。

自分の趣味を楽しみすぎている

自分の趣味や自分磨きに力が入っていると、男性からは引かれるポイントになりかねません。

エステに通っていたり、料理教室に通っていたり。

料理ができることや外見が美しいことは問題ないのですが、趣味としてお金をかけていると「散財タイプ」とみられかねません。

「結婚してからもそういった趣味に結構お金がかかりそうだな」となると、生活をしょって立とうとしている男性にとっては嫌煙してしまいますよね。

また、ひとりでも趣味を楽しみすぎていると「俺が入る余地はなさそうだな」と思われる原因にもなりかねません。

男性に理解されにくい趣味すぎる

女子が集まって趣味の話をしているとき、なかなか車やバイク、歴史の話になることは少ないのではないでしょうか。

女子同士が「わ~いいね~!」という趣味は男性に共感されにくいものが多いです。

一緒に楽しめる趣味なら良いのですが、男性が相槌すら疲れるようなまったくわからない趣味の話を延々とするのはやめましょう。

頑固で人に合わせずらくなっている

自分の趣味を楽しんでいる期間が長いと、だんだん頑固になっているケースがあります。

女性同士でお互い自分に投資している金額やスキルを比べることに疲れて「自分は自分」という考えが強くなっているのです。

流されすぎないのは良いことですが、相手への理解を示しにくくなっている場合には、男性にも「一緒に趣味を楽しんだり、人生を歩んでいくパートナーとしては見られていないな」と感じさせてしまうかもしれません。

婚活合コンに参加するなら脱おつぼねが重要!

女性社会に慣れすぎてしまい男性と話す機会が少ないため、うまく男性を立てたり、甘えたりすることが苦手になっているケースが見受けられます。

また、お局化がすすみ頑固になっている可能性もあります。

そうした状態で婚活や合コンに行っても「扱いにくいな」と思われてしまうか、「この人はわたしとは釣り合わない」と考えてしまうかも。

脱お局で気持ちをフレッシュに保つようにすれば、出会った男性をまた違う風に見ることができるかもしれません。

自分から可能性を否定しない方が、良縁に恵まれるのではないでしょうか。

「友達の紹介」ってプレッシャーが大きい……もっと気軽に出会いたい…という方は婚活パーティーがおすすめ!

「まず会ってみたい」という方にオススメ!リアルイベントで出会えるサービス

最初から対面での出会いは気が引ける……という方は、アプリやFacebookなどのサービスを利用して出会う方法もありますよ♪

まじめに出会いたい人必見!おすすめ出会いサービスは?

医療事務に出会いがなく結婚が遅れてしまう理由とは?

f:id:minminlulu:20160224225603j:plain

医療事務の人や調剤事務の人って、意外と出会いが少ないのではありませんか?

「安定の職業」などと言われて女性に人気の医療事務ですが、意外と結婚については難しいようで、アラサーやアラフォーになってもなかなかすんなりと結婚できないようです。

女性に人気の資格や職業といわれているものの、職場には女性が多いうえになかなか出会いが無く、ほっとくとどんどん婚期が遅れてしまいます。

仕事や給与の面では安定していて大きな不満はないもののなかなか彼氏ができない、結婚できないというアラサー医療事務女子の婚活事情を書いてみたいと思います。

医療事務の婚活事情と本音

毎日変わったことをしないで同じことを繰り返していれば、新しい出会いがないのはどの職業でも一緒かもしれませんが、なかでも医療事務では出会いが無いという事情について考えてみました。

<医療事務員は女性が多い!

友人、知人、同世代では、「同僚と恋仲になった」という話を聞きますが、医療事務員は「女性に人気の職業!」などと言われているせいか、男性は少ないです。

そのため、同僚で恋愛をすることは難しいです。

たとえ同僚に男性がいたとしても、その人と恋仲になるのは確率的に難しいというよりは、女性社員が多い中での男性であるために目立つので、あまり恋愛に発展しないんです。

なんとなく、女性社会のなかで目立つ男性を嫌煙してしまうところがあるというのでしょうか……

不倫が多い医者にうんざり

医者の不倫話を耳にするたびに嫌になります(涙)

先生に目をつけているというわけではありませんが、そういったうわさを耳にするたびに「医者とは付き合いたくないな」という気持ちが芽生えていきます。

周りからすれば「医者とお近づきになれるなんて羨ましい!玉の輿ねらいなよ!」という感じかもしれませんが、実際には医者となんて付き合いたくないという思いが増すばかりです。

真面目な方もいらっしゃるのだと思いますが、そうした噂を聞くと嫌になりますし、自分もそうした噂の対象になるのかな?という思いもありますので、医者と恋愛する気が起きません。

医療事務は婚活しにくい環境が自然とできやすいもの

医療事務で働いていると、婚活しにくい状況が自然にできてしまいます。それについても書いておきたいと思います。

まわりに女性が多いので安心してしまう

すでに結婚している人や子供がいる女性が多いので「あの年齢になるころには自分も結婚できているだろう」と思っているうちに、出会うチャンスや婚期を逃してしまいがち。

アラサーになって「あれ?これ、自分で出会いを探していかないと結婚できないかも?」なんて焦りだして婚活を始められれば良いですが、そのまま「自分磨き」にハマって適齢期が過ぎ去ってしまう可能性もあります。

収入が安定しているので将来の不安が起こりにくい

女性は医療事務に就けば安定などと言われているせいか、収入面は安定しています。

実家暮らしであればそれなりに趣味にお金を使うこともできるので、わざわざ男性と結婚するということを考えにくいかもしれません。

まわりに女性が多いから、美容や化粧なんかにお金を使ってしまって、男性といるよりも自分磨きに力が入っていってしまうこともあります。

女社会に染まりすぎてお局化しがち

女社会に身を置くうちにプライドが高くなってしまって、男性を見る目もシビアになりがちです。

「あの人の彼氏よりも良いオトコじゃないと負けた気がする」なんていう考えになってしまうかも……

出会いは確率

出会いが少ない状態ですと「良い男性」と出会う確率も必然的に下がってしまいます。

ですが自分から行動すれば出会いの機会は作ることができます。

友人に紹介してもらうのも良いですし、街コンや婚活パーティー、出会い系アプリなどで出会うこともできます。

切羽詰まってから婚活をスタートするよりも、早めに出会いを増やしておいた方がたくさんの人と出会えますよね?

年齢も若い方が有利なのは経験としてわかっているはず。

自分磨きも良いですが、それをほめてくれるようなパートナーも見つけてみてはどうでしょうか。

最初から対面での出会いは気が引ける……という方は、アプリやFacebookなどのサービスを利用して出会う方法もありますよ♪

まじめに出会いたい人必見!おすすめ出会いサービスは?

「会ったこともない人とメールなんて、相手に興味わかないから無理!」と思う方は、「まず出会える」イベントを通した恋活がおすすめ♪

「まず会ってみたい」という方にオススメ!リアルイベントで出会えるサービス

医療事務員は趣味コンやオフ会参加で出会うという方法もアリ!

f:id:minminlulu:20170302120733j:plain

医療事務員の方で「出会いがない!」と思うのでしたら、オフ会などで出会うのはでしょうでしょうか。

結婚相談所や婚活パーティーと違って、オフ会であれば好きな趣味などを繋がりにして出会うことができます。

「ぱっとした趣味がない」「わたしの趣味はマニアックだし」と思うかもしれませんが、それは参加する相手も思っていることです。

女性の趣味といえば「料理」「お菓子作り」「旅行」などと言って家庭的もしくは女子力高いアピールをしなくてはいけないのでは?という心配もありません。

それが「趣味で出会う」という醍醐味です。

恋愛を楽しみたい人はオフ会での出会いもアリ

医療事務の仕事でお給料は安定しているから、恋愛は自由に楽しみたい。

結婚したいというよりも、今はまだ恋愛をしっかり楽しみたい!という人は、オフ会での出会いが良いのではないでしょうか。

街コンなどのように「婚活」というニュアンスが強くないので、気軽に一緒に趣味を楽しめる人と出会うことができます。

恋愛に発展しなくても、そのまま一緒に趣味を楽しむ仲間として関係を築くことができるのもメリットです。

まだ自分の時間も趣味も大事にしたい。でもゆっくりでも良いから恋愛も進めておきたいという20代後半女子にはオススメです。

結婚を意識するなら趣味コンなどで出会おう

着実に結婚を意識して恋愛を進めていきたいなら、趣味コンなどで出会うのがおすすめです。

オフ会というよりも恋愛を求める雰囲気が強くなりますので、関係を発展させやすいでしょう。

同じ趣味を楽しめる関係で恋愛や結婚の形を想像しているのであれば、趣味コンへの参加を検討してみてください。

医療事務の仕事をしていると、仕事やお給料については安定していると感じるのではないでしょうか。

結婚してからも仕事を続けられる職場ですから、相手へのお給料は高額な金額を求めないものの、普通に真面目に働いている人が良い。

そんな方も、しっかりと結婚を意識しながら趣味を楽しんでいる、趣味コンでそんな男性に出会えるならば、参加してみても良いですよね?

オフ会・趣味コンで新しい世界をのぞく

新しい出会いを探しにいくということは、新しい世界をのぞくことに似ています。

オフ会、趣味コンなどで新しい世界をのぞいてみるのも、安定した「医療事務」という仕事に就いているからこそ積極的に挑戦しやすいのではないでしょうか。

ぜひ新しい世界を見てみてください♪

「まず会ってみたい」という方にオススメ!リアルイベントで出会えるサービス

最初から対面での出会いは気が引ける……という方は、アプリやFacebookなどのサービスを利用して出会う方法もありますよ♪

まじめに出会いたい人必見!おすすめ出会いサービスは?